新型コロナ対策「次亜塩素酸水」をどう使えばいい?

新型コロナウイルスに次亜塩素酸水は効くのか? 今月4日に設立された「次亜塩素酸化学工業会」代表理事の石田智洋氏に聞いた。

次亜塩素酸水より前からあった消毒剤が、強アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウム水だ。

家庭の台所によくある漂白剤系の消毒剤で、「飲み込むと危険」「触ると皮膚がただれる」「金属をさびさせる」「有害塩素ガスを発生させやすい」といった問題点があった。

「一方、次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムに別の溶液を混合して化学調整する(非電解型)、あるいは電気分解(電解型)で作った中性から酸性の消毒剤。ウイルス、細菌、真菌にまで幅広く有効で、飲み込んでも安全。ウイルスなどを攻撃した後はすぐに酸素、水、塩といった安全な成分に分解されます」

経産省の要請で「独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)」が行った研究では、最終報告として、次亜塩素酸水は電解型、非電解型ともに、有効塩素濃度35ppm、pH6・5以下(中性~酸性)で新型コロナウイルスを99・99%以上、不活性化する、つまり、ほぼゼロにすることが認められた。

ただし、NITEの結果の有効塩素濃度とpHを満たしていたとしても、「何でも効果あり」とはいかないのが難しいところだ。

「次亜塩素酸水の主成分は不安定な次亜塩素酸で、製造方法や保管法によっては効果が期待できないものも少なくない。これまで行政主導の研究が行われてこなかったので、使用者や消費者が正しく判断できる統一した基準もない。コロナ禍で必要な知識を持っていない製造業者や販売者が一気に市場に参入し、問題ある告知内容や法令違反の告知が現在、多く見受けられる」

引用「日刊ゲンダイ」https://hc.nikkan-gendai.com/articles/275254?page=2