「非接触」に「ウイルス除去」 最新技術の向かう先は「コロナ対策」

全国の最新技術を集めた展示会が札幌で開かれています。毎年恒例のイベントですが、ことしは新型コロナ対策の製品が注目されています。 霧状に吹き出しているのは、ウイルス除去に効果があるとされる次亜塩素酸水。持ち運びも可能です。5日から全国の企業・団体が集まり、最新技術を発表しています。ことしの特徴は「新型コロナ対策」です。 (中内記者)「これは触らずに操作できるタッチパネルだということです」 目の前の画面には触れていませんが、3Dで浮かび上がった映像に指を近づけるとセンサーが探知する仕組みです。将来的にはATMなどに活用したいということです。 (ノーステック財団 町田有規さん)「(感染症対策商品が)道内企業のみならず世界的に増えている」 新型コロナに打ち勝つ術を探る新たなビジネス様式が広がりつつあります。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1dab7118c2d3a10c76ee1380132adcbfd5a69ac